ウェブ翻訳とローカライズが得意な翻訳会社もあります

日本語は漢字を使うことでより多くの意味を文字に含めることができます。

このメリットは他の言語よりも短い文字数で多くの意味を伝えることができる点にも繋がる部分です。日本語を外国語に翻訳を行うと、大半の場合が長くなってしまう、タイ語やインドネシア語などの場合は2倍以上の長さになることも珍しくありません。ウェブサイトやマニュアル、アプリなどのマニュアルのローカライズをすると、文字が長くなるのでレイアウトが崩れてしまう、レイアウトを維持させると今度は横幅が不足してしまうなどのトラブルが起きるケースも少なくありません。

翻訳会社の中でもローカライズに特化している、経験を多く持つ翻訳会社などの場合は原文を短くするためのテクニックを熟知しているため、レイアウトが崩れることがないわけです。また、原文を短くする以外にもフォントサイズを小さくしたり、改行を入れるなどのテクニックもありますが、見た目を考えるとあまり良いものではありません。

中でも、意訳する方法は経験がなければできない方法ですが、翻訳された文章を読む側にとって分かりやすさがある、親切さがあるやり方と言えましょう。尚、ウェブ翻訳はコーディングまで依頼ができる翻訳会社が多くなっていますが、コーディングまでお願いすることができれば、納品物はすぐにサーバーにアップして利用ができるメリットがありますし、文字数が増えて表組が崩れた場合の修正が要らなくなるなど、手間を掛けることなくそのまま使えるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *