芸術系洋書の和訳は翻訳会社に依頼を

美術やイラストを学ぶため、専門書を探す方々がいらっしゃいます。

書店に行けば美術関連の書籍は数多く見つかります。ただ一流のクリエイターの方々はいわゆる洋書を積極的に活用しており、欧米諸国で出版された専門書で勉強なさっているのです。美術の本場で出版された書籍の方が、より専門性の高い技法が掲載されていたり、国内のイラストレーターとは違った視点で技術を解説しており、美術大学に通っている方やイラストスキルを高めたい方は、洋書を購入してスキルアップに励みましょう。

しかし遠近法や解剖学、色彩などの解説するページでは美術書特有の表現が多用されており、なかなか普通の日本人の英語力ではスムーズに読み解き辛いかもしれません。困った時は翻訳会社に相談し、美術系専門書の和訳をお願いしましょう。個人の学生や社会人でも翻訳会社の和訳サービスは出来ます。日本語版が出版されている遠近法の本やキャラクターデザインの本もありますが、まだまだ数は少ないです。

翻訳会社によっては、ごく少量からでも普通に和訳依頼を引き受けてくれます。特定の項目だけ、自力での和訳が困難だった箇所だけ、翻訳会社にお願いする、という方法もあります。少量なら時間も掛かりませんし、個人で充分支払える低コストで済むので便利です。翻訳会社には芸術やイラストの分野に精通したプロフェッショナルな方々もいており、きちんと専門的な用語や美術技法についても正しく訳してくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *