オフィスのビジネス翻訳は翻訳会社が便利

オフィスの中でビジネス翻訳が必要になった際、ネットの自動翻訳を使う人も多いのではないでしょうか。

自動翻訳機の品質そのものは向上しているため利用価値は高めと言えましょう。しかし、英語などに精通している人が読んだ時に、ビジネス文書としては不適合だと感じ、オフィス内では訳してある文章を修正するなど2度手間を踏むことも少なくありません。特に技術に対するビジネス文書ではオフィス内ではなく翻訳会社に委ねることが必要になるケースも多いようです。

そもそも翻訳会社とはどのようなビジネスを手掛けている業種であるのかをご存知の人は少ない、日本語を英語にする時には身近な会社を選ぶ、もしくは料金が安い会社を選ぶなどの選択を行っているケースは多いのです。勿論、料金が安くて自社オフィスから近い場所にある専門会社を選ぶことも大切ですが、求めるニーズに合うのか否かは別の話です。

医療に関連している翻訳などは、医薬品や薬事法などの法律に精通している、過去に数多くの医療翻訳の経験が求められます。翻訳会社の中に、こうしたジャンルに精通している翻訳者がいるのか、コーディネーターも対応が取れるのか否かで品質が変わりますし、求めるニーズに合うのかも変わって来るわけです。尚、翻訳会社の中には自社内に翻訳者を抱えるのではなく、アウトソースしている会社も少なくありません。特に大きな会社などには全世界に外注スタッフ登録があり、幅広いジャンルの翻訳ができるケースも多いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *