翻訳会社を依頼した方が良い場合について

翻訳会社を利用する場合、英日翻訳の費用目安が1ワード28~35円で単純平均1ワード32円になります。

日英翻訳の費用の目安が一文字20~30円で単純平均25円になります。自社で翻訳スタッフを正社員として雇う場合は、1人あたり500万円かかり2人で計算した場合1.000万円と計算します。給料と賞与の他、法定福利費・福利厚生費・退職年金費用などを計算して、さらに専門性を保つために研修費などのことを考量しています。

大雑把な計算になりますが、お金ベースで考えた場合英日翻訳の場合312.500ワード以上の場合自社スタッフを雇用した方が良いことになります。日英翻訳の場合400.000文字以上であれば自社スタッフを雇用した方がお得です。ただ、翻訳会社の場合はプロが翻訳するので自社スタッフの翻訳スピードよりはやいことが予想されます。また、自社で雇用した場合翻訳業務が無かったとしても固定コストがかかり続けることに注意した方が良いでしょう。正社員の場合一度雇用すると、簡単には解雇できません。

翻訳スタッフが退職してしまうと再度入社して人に教育しなくてはいけません。翻訳スタッフが一度に全員退職してしまった場合は大変なことになります。翻訳会社に依頼した場合丸投げすることができるので、心理面で楽だと言う部分もあります。やり取りもプロジェクトマネージャーとだけ行えば良いので、楽です。翻訳の質が高い・広範囲な分野への対応できるなどのメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *