翻訳会社って外国語が話せないとダメなの?

翻訳会社と聞くと映画や小説の翻訳をしたり、複数の外国語が流暢に話せる人がたくさんいたりするイメージがあるかもしれません。

しかし映画や小説の翻訳など華やかな仕事を請け負っているのは一部の会社だけで、ほとんどの翻訳会社は企業のパンフレットや製品の取扱説明書、契約書などを翻訳する地道な作業を行っているところが多いです。一見、地味な作業のように感じるかもしれませんが世界と日本の企業やビジネスの懸け橋になる重要な仕事なのです。昔は翻訳会社の社員が翻訳を行う時代もありました。しかし、現在はフリーランスの翻訳者に仕事を依頼しています。

翻訳会社が代理店となってクライアントと翻訳者の間に入り仕事をサポートする役目を果たしています。質の高い翻訳サービスを提供するため、翻訳者の受けるトライアルは厳しく審査されます。基本的な外国語の能力だけでなく、正しい日本語に翻訳できるかも重要な判断ポイントになります。依頼された仕事内容に適した日本語が使われているか、どんな言葉を選ぶのか翻訳者のセンスにも注目しています。

翻訳のスキルアップのため、独自のセミナーや勉強会を開催する会社もあります。英語や中国語などメジャーな外国語以外にも少数の人しか使わない言語の翻訳ができる人や専門知識をもった人も働いています。自分のスキルを磨き常に世界の情報に目を向け、新しい言語を学んだり自ら進んで勉強したり、向上心のある人が求められている場所なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *