翻訳会社と派遣スタッフを雇う場合の違い

企業で翻訳が必要になった場合の対応方法は複数あります。

大きく分けて翻訳会社を利用して外注依頼をする方法と翻訳者の派遣サービスを利用して、企業に派遣スタッフを来てもらう方法、翻訳ができるかたに自社のスタッフとなってもらう方法が一般的です。定期的にさらには長期的に翻訳作業がある場合には自社スタッフとして採用すると、コスト面など考慮するとメリットが多いです。大企業では自社スタッフとして採用してるケースが多いですが、定期的や長期的に翻訳作業がない場合にはスタッフとして採用をしてしまうと余剰人員となってしまうため臨機応変に人員計画を立てることが必要になってきます。

翻訳を必要とするプロジェクトが長期間続く場合には、翻訳者専門の派遣を使い在籍してもらい、企業の分野に精通している専門用語を学んでもらって翻訳作業に活かしてもらう方法を活用すると、トータル的なコストを抑えることができます。多くの企業では、長期間のプロジェクトのための翻訳作業ではなく、スポット業務のための翻訳作業が発生するため、派遣スタッフを利用するよりも翻訳会社を利用してます。外注依頼をするメリットとして、品質の高さを注目することができます。

派遣スタッフを利用する場合には、翻訳は得意であっても専門用語などには得意不得意なことがあり、自社で翻訳してもらいたいことが必ずしも得意分野とは限りません。翻訳会社では前もって得意不得意分野を明確にしているため、利用する前に選ぶことが可能です。また翻訳会社では、一人が作業を完成するのではなく、複数の翻訳者が校正を行ったり、ネイティブスピーカーがチェックを行うためより高い品質の文章が納品されることになります。翻訳する文章が大量であっても、翻訳するスタッフが揃っている翻訳会社ではマンパワーで対応することになるため、納期への対応も万全です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *