クラウドソーシングによる翻訳サービス

母国語を英語やフランス語、中国語を初めとした外国語にかえる際、翻訳サービスは欠かせないものです。

もし翻訳を依頼する場合、翻訳会社に注文する場合とクラウドソーシングにお願いする2つの方法が挙げられます。前者はその名の通り専門の知識を持ったプロの翻訳家がチームを組んで依頼を受け、顧客に結果を届けます。一方クラウドソーシングによる翻訳サービスは、コンピューターを通して世界中のバイリンガルや翻訳家の方に翻訳依頼することで専門の翻訳会社と比べて早く依頼結果を出せる特徴があります。

翻訳内容は複数の翻訳家による結果の突き合わせであったり、経験に応じて実力の高い翻訳家が最終的な判断を下したりと様々なです。この他、クラウドソーシングによっては校正・校閲を行わないこともあるそうです。なのでクラウドソーシングによる翻訳サービスは、デメリットとして依頼結果のクオリティにばらつきが出ることが挙げられます。

また翻訳家自体の経験値がそれぞれ異なることから、医療や飲食のような特定の専門分野への対応ができないことも短所と言えます。けれどもメリットもあり、クラウドソーシングは法人である翻訳会社と違い個人で気軽に利用できます。

これ以外ではオンラインでの受付をしてるので時間を問わず、発注可能であり結果もサービスによっては最短で10分ほどで得られると言われます。己の依頼内容、目的を考えて翻訳サービスを利用することが大切でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *