翻訳サービスは内容で選ぼう

ビジネスの現場では、契約書や取扱説明書、論文などを日本語以外の言語に変換することがもはや常識となっています。

とはいえ、こういった責任問題にも発展しうる重要な文書は適切な単語選びと専門的な知識も必要となり、少し日常会話が出来る程度の従業員では難しいこともあります。翻訳サービスは直接翻訳家に依頼するパターンとオンライン翻訳サービスを利用するパターンがありますが、最近は直接翻訳家に依頼する場合でもインターネットを介して公募で探したり実績から選ぶことができます。

オンライン翻訳サービスの場合は納品スピードの早さとコストの安さ、発注の手軽さが売りで、変換する日本語1文字ごとに料金が発生します。最低注文金額が無いところがほとんどで、発注はWEBサイトからフォームに入力したりワードやエクセル、パワーポイントといったビジネス現場で使われている形式そのままにファイル送信もできます。オンラインといっても機械の自動翻訳とは違い、難関の試験をクリアした実際の翻訳家が行っています。

機械翻訳は手軽で料金もかかりませんが、特に長い外文章や論文の場合、意味の分からない文章に翻訳されてしまうことが多々あります。訳すにはその文章の意味をしっかりと理解して、その上でその国の文化や歴史なども考えて行わなければ読み手に意味が伝わる文章となりません。文章のクオリティによっては料金が高くなってしまうこともありますが、ネイティブによるチェックや専門業者に通じている翻訳ならばビジネス発展の一端を担う大切な存在となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *