翻訳サービスは個人か会社か

ビジネスにおいて翻訳が必要となった場合、専門の会社に依頼するか、翻訳者に直接依頼を行うかが難しい選択となります。

基本的には仲介のない直接依頼の方が予算的には抑えられます。翻訳者に直に依頼内容を伝えられる点も少なくないメリットです。こう考えてみると翻訳者に依頼した方がお得にも見えますが、実際には翻訳会社に依頼した方がメリットが大きいケースも多くなっています。翻訳会社の翻訳サービスとは単に文章を任意の言語に訳すことには留まりません。ファイル処理や整理、チェックなど幅広い業務を行っています。

もし、個人の翻訳サービスに依頼するとなればこれらの業務の多くを自社で行う必要があります。特定の言語に詳しい人物がいない場合、これは容易なことではありません。もちろん、人件費もかかってしまいます。翻訳会社ではこのように一般的な会社ではなかなか大変な業務も専門性の高さとノウハウで円滑に実施します。翻訳サービスではミスがあると大変なことになります。そのため、非常に細やかなチェックを行っています。これを一般的な企業で行うのは難しいと考えられます。

自社の負担を減らすことも踏まえると専門の企業に依頼した方がメリットが大きい言えます。ただし、自社と関係の深い翻訳者がいて、そちらに依頼をするのが適切だと判断した場合はこの限りではありません。ただ、一度に大量の文章を訳してもらうとなるとなかなか難しい可能性があるのでその点には注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *