翻訳サービスの現状について

翻訳サービスと言えば依頼者から送られてきた文書を所定の言語に翻訳するサービスです。

グローバル化の進む現代において翻訳の重要性は高く、多くの企業が利用することもあります。ただ、問題となってくるのが費用です。翻訳サービスは基本的に1文字10円前後となっているので、10万字の文書データであれば100万円ほどの費用がかかります。これは企業において大きな負担と言えます。そこで昨今登場したのが人工知能による翻訳サービスです。このサービスであれば1文字1円くらいで翻訳してくれるので、費用の削減を大幅に実施することが出来ます。

問題になるのがその精度です。人工知能による翻訳はそこにある単語をそのまま機械的に訳すものではありません。あくまで人工知能で前後の文脈なども踏まえて訳してくれます。そのスピードはA41ページを10分かからずに翻訳するほど速いです。では良いことばかりなのかというと注意しておかなければならないこともあります。

その1つは専門用語です。ビジネスの世界では専門用語が飛び交っており、それが外国の企業に伝わるかがポイントになります。専門用語を的確に意訳して伝える翻訳が必要と言えます。人工知能がそこまで出来るのかというと難しいところでもあります。現代会では専門用語を含まない平易な文章を人工知能に翻訳してもらって、ややこしい文章は人の手による翻訳を利用するというのがベターな手法だと考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *